中古車をネット購入して大丈夫?

>

査定はどうする?

下取りの予備知識

現在乗っているクルマを、買い換え時の購入資金に充てたい場合、「下取り」と「買取」の大きく二つに分かれます。

「下取り」とは主に新車を売りたいディーラーが販売促進のための値引きとして引き取るという要素が強く、今回のような場合は現実的な方法とはいえません。

一方、買取専門店にとっては買取は仕入れであり、他社との競争が働くため、それなりに高く買い取ってもらう期待がもてます。
中には書面などのやりとりで次のクルマを買う店で今のクルマを買い取ってもらうという人もいますが、書面での査定はとても面倒になります。

担当者や査定士の人たちと直接話もしやすい近くの買取専門店で買い取ってもらうのがベストといえます。
「売る」店と「買う」店を賢く選択する必要があります。

普通に物品を購入するのではない

先程述べたことと矛盾するようですが、次のクルマを買う店で、現在のクルマを買い取ってもらう車両入れ替えにもメリットがあります。

自動車は所有者名義の変更や車庫証明などの必要書類の取得といった煩瑣な手続きが多いのですが、同じ業者で全てすませると手続きがスムーズに進むという側面があります。
ただ、遠隔地で購入したクルマを登録する際は、管轄の陸運局にそのクルマで出向かなければならず、「他府県登録費用」もかかるため思わぬ出費がかさむことがあります。
ネットで中古車を購入するということは、思わぬお宝に出会えるかもしれないというトレジャーハンターとしてのワクワク感がある一方、代償としていろいろ注意しなければならない点があることも念頭に置かなくてはなりません。