中古車をネット購入して大丈夫?

>

納車時が一番大切

納車時が一番肝心

日本全国津々浦々をさがしまわってようやく見つけた理想のクルマ。
価格が最大の魅力であるならこちらから取りに行くべきでしょう。
見積時に大抵、陸送費の費用も出してくれますが、距離によってはハイスペックのオプションがいくつもつけられるくらいの費用がかかります。

ならば、現地にいくまでの交通費を出してでも取りに行ったほうがよいということになります。
しかし、それこそネット購入ゆえの、試乗もしたことのない不慣れなクルマで不慣れな帰路を走るのは事故のリスクも高まります。
ならば少々費用がかかっても陸送で届けてもらうのが無難かもしれません。
遠隔地からのネット購入の場合、納車のための費用も念頭に入れておくべきでしょう。

現車確認は念入りに

中古車である限り、他人の乗った形跡は残っています。
キズやへこみはその最たるもの。
商談時に写真や画像などで状況はよくよく確認したつもりでも、肉眼で検証しないかぎり限界があります。
そこでとても重要になるのが現車確認。

キズやへこみについて、「言った」「言わない」はトラブルの元となります。
ここで重要になるのが、必ず販売担当者と現車確認をすること。
現地に取りに行く場合は当然その場で可能ですが、陸送してもらう場合でも、クルマを届けてもらった業者とではなく、販売担当者に連絡して、その場で現車確認するのです。
気になるキズなどがあればその場で写真をとっておくことも重要です。
エンジンをかけ、音の確認をしたり動作チェックをして気になるところはすぐに伝えておきましょう。

時には自分の命をあずけることにもなる「生活の足」をネットで購入する訳ですから、少々面倒でも念には念を入れるということが大切です。